無料ホームページ ブログ(blog)
現役薬剤師が本音で語る!『知っ得』健康マル秘情報 2006年07月
自分の体の弱点知ってますか? 薬の飲み方間違ってませんか? 健康食品の選び方それで合ってますか? 西洋・東洋医学の観点から健康についてお話します。

2006/06123456789101112131415161718192021222324252627282930312006/08

* 目次 *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は自分自身のことについて書いてみようかな、と思います。
 私のことよく知っている人は、私が風邪引いているところあまりみたことないんじゃないでしょうか。私が風邪引くときって・・・心のストレスが大きいときかな(笑)
 とにかく、私は病気をあまりしません。小さいときから学校も休んだことないし。
 でも、私が健康でいられるのは親のお陰です(感謝)
 というのも、私は生まれたとき、アトピーで体が弱かったので、母は病気にならないか心配していたそうです。母自身も母乳が出ない状態だったので、余計に心配だったのでしょうね。
 そこで、母は、生後3ヶ月の私にミルクを与える前、キョーレオピンを2,3滴、口に落として舐めさせたそうです
 キョーレオピンって知っていますか?熟成ニンニクエキスが主成分なんですが、すっごく臭いんです。その臭いのを生後3ヶ月の赤ん坊に飲ませ続けたのです。でも、そのお陰か体が弱いはずなのに大きな病気一つせず、幼稚園から小学校まで無遅刻、無欠席。中学2年のときに虫垂炎になり、3日入院。休んだのはその3日間だけ。それに虫垂炎になった日も、母に「学校に行ったらお腹痛いの治る」と言われて、お腹抱えながら朝6時半に学校に向かったのです(笑)
 レオピンのお陰で健康に過ごせた学生時代。
 でも、キョーレオピンだけでは私のアトピーは治りませんでした。そこで、中学3年頃、カルシウムを飲み始めました。カルシウムも湧永製薬のボンエナCa。それから、1年程してなんと膝を包帯で巻くほどのアトピーがきれいに治ったのです。その頃の私の膝の裏」は真っ黒だったのですが、今の私の膝の裏はとってもきれいですよ(今日とった写真です
 さらに、私は便秘もひどかったので(2週間出ないときもあったんです)、いろいろ試したのですが、やっぱり湧永製品にたどり着きました。グリーン末です。最初はガスが張って苦しかったのですが、これは腸内のいい菌が悪い菌と戦っているからで、いい菌に変わったらガスが張ることはなくなりました。お陰さまで今は毎日排便があります!毎日排便があるって本当に気持ちいいものですね。以前は1週間排便がなくてもぜんぜん平気だったのに、今は1日なくてもしんどいって思うようになりました。
 そして、最後に私は極度の冷え性で特に末端がとても冷たい。ですから、レオピンもキョーレオピンからロイヤルを飲むようになりました(2003年にロイヤルは誕生しましたので、私も飲み始めたのは2004年でした)。それから、変わったことは基礎体温が36.2℃から36.5~36.7℃にあがったのです。冷えも少しましになりました。しかし、4年続けてもやはり末端の冷えは解消されず。そこで去年の冬に入ってから生田七を飲むようになりました。このお陰で今は末端の冷えがほとんどなくなりました
 あと、私が服用しているのはトコベール300Eです。これは母も父方の叔母も静脈瘤なので、私も今からその予防のために服用しています。
 そんなこんなで私は天然の薬、自然治癒力を高める上薬のお陰で健康に毎日過ごせています。私の肌もめちゃめちゃきれいですよ。すっぴんでも今の10代20代の子に負けない自信あります!すっぴんの写真アップです。
 それから、一番忘れてはいけないのが、食、息、想、動です。
 食生活のバランス、呼吸の仕方、心の健康、適度な運動 これらが一番の基礎になり、土台となります。これらについてはまた、後ほど詳しく紹介しますね。
 以上、私の美と健康レシピでした。
スポンサーサイト
久しぶりにブログ書きます。
 私は仕事が夜の0時まであるので、ドラマとか見れません。でもどうしても見たいドラマがあってビデオに撮っていました。
 それは
 「タイヨウのうた」
 です。
 XP・・・色素性乾皮症
 XPは、皮膚と脳神経系に障害が生じる治療法が未確立の難病です。
 私達の体は紫外線などにより遺伝子が傷害されると、すぐにその傷害を取り除く能力を持っています。XPは、この能力に問題があり、日光過敏症(発赤・水ぶくれなど)や皮膚ガンなどが生じやすくなります。そのため、生涯にわたり厳重な遮光が必要です。症状の違いからいくつかの群に分けられますが、日本で最も多いA群(ドラマの薫もA群です)などでは、進行性の神経障害が小児期より現れます。
 世界的に日本での発生が多いことが知られ、現在、500人前後の患者さんがいるそうです。
 XPの症状は紫外線遮断により皮膚症状の悪化をある程度防げますが、神経症状の進行をおさえることはできません。個人差はありますが、成長するに従い、手足の運動障害、足の変形・歩行障害、知能や聴力の問題が生じます。年齢とともに運動障害は進行し、ものを飲み込むことが困難になり、呼吸の障害も加わります。
 A群の成人患者さんでは寝たきり状態になることも多く、移動に車椅子が必要になります。(参考:「タイヨウのうた」HPより)
 
 太陽の光の下で生きられているってすごいことなんです。私達の体は傷ついたDNAを常に修復しつづけているため、こうやって普通に生活していけている、タバコでもDNAは傷ついています。
 大切なのは傷ついたDNAを回復することができるか。
 回復する能力はあっても体調不良だったり、睡眠不足、ストレスが続くとその能力が弱くなり、傷ついたDNAを修復できなくなります。ガンもなんらかの原因が重なり合って自分の修復能力が低下したからなんでしょうね。
 健康は自分で管理しないといけません。食、水の取り方、呼吸の仕方、心の健康、運動・・・・これらが健康のために大切なんです。
 食、息、想、動っていうんですけどね。
 このことについては少し詳しくお話したいので、別の記事で書きます。お楽しみに~。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。