無料ホームページ ブログ(blog)
現役薬剤師が本音で語る!『知っ得』健康マル秘情報 五臓六腑とは
自分の体の弱点知ってますか? 薬の飲み方間違ってませんか? 健康食品の選び方それで合ってますか? 西洋・東洋医学の観点から健康についてお話します。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

* 目次 *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五臓 【肝・心・脾・肺・腎】
 栄養物質などの精(*1)を貯蔵し、それを利用して生命活動を維持するための気・血・津液(*2)を産生するところ。
 内部は詰まっている臓器。
 つまり・・・
 五臓とは、元気に長生きするために必要な水分や栄養分を貯え、血や肉をつくるところ。
 五臓は生命活動の中心精神も五臓に関係する。

【参考】
*1 精とは生命活動を直接に維持する物質。
  先天の精:父母より受け継いだもので、成長発育や生殖の基礎的な物質。
        腎に貯蔵される。
  後天の精:脾より吸収された水や食べ物の栄養素。 

*2 気とは生命力・精神力のこと。
  『元気』は腎にある「先天の精」と脾から吸収された「後天の精」、そして肺から得た「清気(澄んだ空気)」が合わさってつくられる。
  津液とは正常な体液のこと。
  

六腑 【胆・小腸・胃・大腸・膀胱・三焦】
 運搬・排泄などの機能をもつ。
 中は空洞。
 三焦とは臓腑機能を統括して水液や気を通す通路。
 つまり、三焦は五臓でつくられた気・血・津液を全身にめぐらせる働きをもつ。

 東洋医学では万物を五行理論により系統的に分類し、人体の内臓もその性質と機能の違いから上記のように五臓と五腑(三焦を加えると六腑)に分類しています。
 臓腑は独自の性質や機能を保持しながら、生理活動や病理変化の上で相互に密接に関係しています。
 以下に臓腑と人体の部位・感情・味覚・季節との関係を表にまとめてみました。

五臓 五腑 五主 五官 五志 五色 五味 五季 五悪
小腸 血脈
肌肉 土用 湿
大腸 皮毛
膀胱

・五主:五臓がつかさどるところ。
・五官:五臓が通じるところ。(穴の開いたところ)
・五志:感情。 例)怒りすぎると肝を弱らせる
・五色:五臓が弱ったときに表れる色。
・五味:好む味。しかし摂り過ぎるといけないもの。
・五季:五臓が頑張る季節。 例)春は肝が弱りやすい季節といえる。
・五悪:忌み嫌うもの。 例)寒いと腎が弱りやすくなる。冷え性・膀胱炎など。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gionasahiph.blog9.fc2.com/tb.php/2-0dbf8fe1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。