無料ホームページ ブログ(blog)
現役薬剤師が本音で語る!『知っ得』健康マル秘情報 心と小腸
自分の体の弱点知ってますか? 薬の飲み方間違ってませんか? 健康食品の選び方それで合ってますか? 西洋・東洋医学の観点から健康についてお話します。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

* 目次 *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五臓 五腑 五主 五官 五志 五色 五味 五季 五悪
小腸 血脈
心は神(精神、意識)を蔵し、血脈(血液循環)を主る。
 心は意識を保ち、覚醒・睡眠のリズムを調節、また血を循環させます。よって、血液異常では心の異常を予想します。  
 【心は神明を主る】ともいわれます。  
 神明とは精神・意識・思惟などの中枢神経活動のことです。まさに「こころ」の働きです。心が正常に神明を主る場合、精神健全であるが、異常な場合、動悸・不安感・健忘・不眠・うつといった症状が起こります。
小腸は受盛の官。化物(消化物)出づ。小腸は清濁を泌別する。
 小腸は胃で消化し、脾が吸収したもの(清)の残り、つまり”濁”を受けます。これを「受盛の官」といいます。
 さらに小腸は濁の部分を「濁中の清」と「濁中の濁」に分け、「濁中の清」(有用なもの)を脾に送り、「濁中の濁」(廃物、残渣)から水分を膀胱に、固形物を大腸に送ります。
心は血脈を主る。
 血脈とは血管・血液・血液の運行のことです。  
 心が弱くなり、心気が衰えると、血液の流れが悪くなり、顔の色つやに反映します。  
 また血液の過不足も心の働きに影響します。(動悸・息切れなど)
心は舌に開窮する。その華は面にある。汗は心液である。
 舌は五味を識別したり発音するときに重要な器官になります。これらの機能は心が正常でなければうまく働きません。  
 味がよくわからない、舌がもつれてうまく話せない、舌が震えるなどの症状は心の病変です。  
 また舌が枯れたように色がなく生気がないのは心神が衰えています。舌が赤いと心の病変を考えます。  
 心の状態は顔色で判断できます。紅潤で光沢がよければ心は正常です。  
 汗の生成・排泄は心と密接な関係があります。「汗血同源」なので、心血が不足すれば汗はでにくくなり、発汗過多になれば心血を消耗してしまいます。
喜びすぎると心に負担がかかる。
 恋すると心臓がドキドキするように、喜ぶ感情は心と関係します。よって、喜びすぎると心臓に負担をかけるのでほどほどに。
苦味のものは熱症を鎮める瀉火作用があり、心の衰弱を助ける。
 心が弱っているときは人参のような苦味のものを摂ると良いのですが、苦味のものを摂りすぎるのは逆に良くありません
夏は心が弱くなりやすい季節
 夏は熱があるため、心臓に負担がかかる。夏の暑い日、心臓が弱い人は要注意。

 ちょっと難しい表現になりましたが、わかりましたでしょうか?
 つまり、心の弱りは小腸の弱り。心に異常があると血液循環も悪くなります(動悸・息切れは心の病)。また、心は中枢神経を主るため、心の弱りは不安感として現れます。つまり、動悸がおこると不安になりますよね。
 舌のふるえや、舌の色が悪いのは心の病。つまり、舌をみれば心の状態がわかるのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gionasahiph.blog9.fc2.com/tb.php/3-16d5e1b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。