無料ホームページ ブログ(blog)
現役薬剤師が本音で語る!『知っ得』健康マル秘情報 肺と大腸
自分の体の弱点知ってますか? 薬の飲み方間違ってませんか? 健康食品の選び方それで合ってますか? 西洋・東洋医学の観点から健康についてお話します。

2018/051234567891011121314151617181920212223242526272829302018/07

* 目次 *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五臓 五腑 五主 五官 五志 五色 五味 五季 五悪
大腸 皮毛
肺は華蓋(カガイ)と為す。嬌臓(キョウゾウ)なり。
 「華蓋」とは、かさ・ふたのこと。つまり、肺は五臓六腑の中で最も高い位置にあるということです。また、肺は気管・喉・鼻により外界と接し、かつ外部に抵抗し保護する機能(つまり抵抗力・免疫力)を持っています。
 また肺は最も外界の影響を受けやすく、自然界の「六淫(ロクイン)」風・寒・燥・湿・暑・火)の邪を受けて発病しやすい臓器です。そのため肺は「嬌臓」といわれます。
 「嬌」とは本来なよなよしてなまめかしいことをいいますが、この場合は華奢・弱々しいの意味合いが強いです。  
肺は相傅(ソウフ)の官、治節を出ず。百脈を朝(チョウ)す。
 「相傅(ソウフ)」とは、君主つまり心を補佐するということ。「治節」とは管理・調節の意味。
 つまり心と肺は相互に協調することにより両方の正常な生理関係を保持できるということです。また臓腑のすべての働きはこの心肺機能の相互協調が大切であるといえます。。
 「朝す」とは向かうということ。体中の全ての血管は肺に流れるということ。肺に流れ込んだ血管はガス交換(二酸化炭素を外へ出し、酸素を血管内に取り入れる。東洋医学で考えると、濁気を出し、清気取り入れる)が行われ、気の充養を得た血管がまた全身を巡ります。
肺は(1)気を主り、呼吸を司る (2)宣散(センサン)粛降(シュッコウ)を主る (3)水道を通調する
(1)気を主り、呼吸を司る
 肺が主る『気』には『呼吸の気』と『一身の気』の両面があります。
 前者は呼吸によって清気を吸い、濁気を吐くというガス交換を指します。
 後者は全身の気の生成・運輸に肺が重要な働きを持つことを指します。このことについては次の(2)にてもう少し詳しくお話しします。
 よって、肺が弱ると、呼吸機能が低下し、呼吸が浅く早くなったり、声に力がなくなったり、しゃべりたくない・倦怠感といった症状がでてきます。

【参考】
 東洋医学において『健康な状態』とは『気が全身をくまなく一定量・一定のスピードで流れている』というのが基本です。
 『気』は腎にある『先天の精』と、脾で生成される『後天の精』と肺で取り入れられる『精気』が合して生成されます。
 『気』の働きは大別して5個あり、『推動作用(動かす)』、『温煦(オンク)作用(温める)』、『防御作用』、『気化作用』、『固摂(コセツ)作用(体の外にダラダラと出るのを止める、例:脱肛を引き戻す)』です。
 また『気』の運動形式『気機』といい、升・降・出・入があります。

(2)宣散(センサン)粛降(シュッコウ)を主る
 【宣散】とは肺気が外向き・上向きに動くことで、脾胃より肺に上輸された、津液(体液・水分)・水穀の精微(食物の栄養素)を全身に運ぶことを指します。また、衛気(エキ:正気の一種で防御作用がある。つまり免疫・抵抗力のこと)を皮膚表面に巡らしての調節を行うことや、呼気によって濁気を排出するのも宣散作用によります。
 【粛降】とは肺気が降下することで、吸気により清気を吸収し、腎に納めさせたり、全身に運ばれ代謝された津液(つまり廃水)を膀胱に下降させることを指します。  
 宣散と粛降は反対方向に働きながら、互いに調節しあっています。
(3)水道を通調する
 肺が水液代謝を調節し維持することです。水液代謝とその調節には脾・肺・腎が関与しますが、特に腎が中心的役割を果たします。
 水道とはまさに水の通る道、つまり水液代謝の経路のことを指します。この働きは肺気の宣散と粛降により行われます。

【参考】
 飲水の体内での代謝は次のように考えられています。
 まず、『』に入り吸収され、『』から一方は全身に巡り、一方は脾の「昇清作用」により『肺』に上輸され、肺の「水道を通調する作用」により全身に輸送されます。そして不必要な水液と代謝された廃水が肺の「粛降作用」により、腎を通り、膀胱に下輸されます。最後には腎の「気化作用」により尿となり排泄されます。
 

大腸は糟粕の伝導を主る。
 『糟粕』とは食べ物のカスという意味。  
 小腸で分別された糟粕からもう一度身体に有用な水分などを再吸収して脾に送り、残りを糞便として肛門から排出する働きがあります。  
 つまり大腸の伝導は胃の降濁作用・肺の粛降作用・腎の気化作用と密接な関係があります。
大腸は津を主る。
 小腸より下輸された糟粕の中から有用な水分を再吸収すること。
 大便の硬さは津によります。つまり、便が大腸内に長く滞っていれば便秘になり、早く通過すれば下痢になります。
肺は皮毛に合す。鼻に開窮(カイキョウ)する。涕(テイ)は肺液である。
 『皮毛』とは皮膚の表面や汗腺、うぶ毛などを指します。それらは外邪から防御する働きがあり、肺が宣散した衛気(抵抗力・免疫力)と津液(体液水分)により温養されています。  
 は肺の門で、気体が出入りする気道であるとともに臭いを嗅ぐところです。肺気が正常ならば臭いを弁別することができます。  
 鼻水のこと。正常な涕は鼻腔を潤滑にするだけで外に流れでることはありません。
悲しむと気が消え、度が過ぎると意気消沈し、「肺」を弱らせる。
 悲しいと鼻水がでます。悲しすぎるとえずいて息ができなくなります。悲しみが続くと肺の気が弱くなり、免疫力が下がり、病気になりやすくなります。明るく楽しくしていれば病気にもなりにくい。
肺が弱い人は色白で冷え性。
辛味のものは発散や気血を巡らす作用があり肺を滋養する。肺の衰弱したときは辛味を好む。
 肺が弱っているときは人参などの辛味のものを摂ると良いのですが、辛味のものを摂りすぎると逆に肺を弱らせるのでほどほどに
秋は肺が弱くなりやすい季節
 暑い夏にしっかりと栄養を摂っていなかった場合、秋に免疫力が下がりやすくなり、風邪をひいたり、喘息の発作が出やすくなります。
肺は燥を悪(ニク)む。
 乾燥すると肺が弱ります。だからといって冷たい水の摂りすぎは肺と大腸を冷やすことになり、逆に鼻づまりになってしまいます。暖かくして秋を過ごしましょう。

  最後に肺・大腸の一言集

  • アレルギーを持っている人はまず腸から改善しましょう。
  • 風邪は鼻から入って、肺で育ちます。
  • 乾布摩擦で皮膚を刺激し、風邪を引かない免疫力をつくりましょう。
  • アレルギー体質の人は肺-大腸が弱い。色白・冷え性タイプだから、まず身体を温めることが大切。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gionasahiph.blog9.fc2.com/tb.php/5-f9206d9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。