無料ホームページ ブログ(blog)
現役薬剤師が本音で語る!『知っ得』健康マル秘情報 腎と膀胱
FC2ブログ
自分の体の弱点知ってますか? 薬の飲み方間違ってませんか? 健康食品の選び方それで合ってますか? 西洋・東洋医学の観点から健康についてお話します。

2018/09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018/11

* 目次 *

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


五臓 五腑 五主 五官 五志 五色 五味 五季 五悪
膀胱
腎は作強(サキョウ)の官、伎功(ギコウ)出ず。
 「作強」とは動作・工作の意味で、とは作に応じることが出来るという意味です。また「伎功」とは精巧で俊敏であるということ。つまり、腎は正常ならば精が満ち、(脳)髄や骨が充足しているので精神健全となり精巧俊敏(頭の回転が速く、切れが良い)であるばかりでなく筋骨も丈夫ということです。
 また人体の要である腰は「腎の器」といわれ足腰の強さは腎の強さで決まります。
腎は精を蔵す。生殖を主る。先天を主る。
 腎が蔵する精は腎精と呼ばれ、「先天の精」と「後天の精」から構成されています。「先天の精」は「生殖の精」ともいわれ主に人の成長・発育・生殖機能を持っています。つまり生まれつきの体質というものでしょうか。一方、「後天の精」より吸収された水穀の精微(水分・食べ物の栄養素)から化生した精で、腎に絶え間なく下注しています。
 つまり腎が持つ「先天の精」は脾などから作られる「後天の精」により絶えず充用されているのです。また先天の精から生まれる「命門(メイモン)の火」(*1)を元にして五臓六腑は活動し後天の精を作ります。そのため精は生命力の源ともいえます。

(*1)命門の火
 『命門』『生命の本源』です。命門が生む火は真火といわれ、人の陽気の元となります。人が死ぬと冷たくなるのはこの『命門の火』が消えるからです。
 また命門の陰真水といわれ、「生命の根本的物質」です。
 この真火真水が相まって、人のすべての生命活動が営まれる根本となるのです。

腎は(1)水を主る (2)納気を主る
(1)水を主る
 水液の代謝・調節には主に『脾・肺・腎』が関与していますが、その中でも特に中心的役割を果たしているのが『』です。
 水液の「代謝」には二つあり、一つは水穀の精微から得られた津液(体液水分)を全身に運輸すること。もう一つは各臓腑が利用した後の廃水を集め、体外に排出することです。
 水液の「調節」貯留と排泄を調節することです。貯留しすぎると小便不利となり浮腫を引き起こし、排泄しすぎると頻尿となり全身が枯燥してしまいます。

【参考】
 浮腫には脾水・肺水・腎水と分ける考えがあります。
 脾水手足がむくむことが多く、胃腸症状を伴います。肺水上部から全身がむくみ、悪寒発熱などを伴うことが多いです。腎水下半身から全身がむくみます。
 また浮腫には指で押して凹んだままになる虚浮パンパンに張って押しても凹まない実腫があります。

(2)納気を主る
 とは受納の意味で、肺で呼吸し吸収した清気は腎まで下がって受納され全身に役立ちます。このように清気を受納することを納気といいます。腎の納気が正常であれば、肺の気道は通調し、呼吸も均一となります。
 腎の納気が減弱すると息が吸い難くなり、ひどい場合は呼吸困難・吸気性喘息に陥ります。このような状態を腎不納気といいます。
膀胱は州都の官、津液を蔵して気化するときはよく出づ。
 膀胱は不要の廃水を尿液として貯留し、腎の気化作用を受けてそれらを排泄します。

【参考】
 気化作用とは、変化させるという意味で、体に不要な廃水を尿液に変化させて排泄し、まだ利用できるものは再吸収して全身に還元します。この変化の過程を気化作用といいます。

腎は骨を主り、髄を生ず。
 腎精が骨格の成長・発育を促し、脳や骨髄を生じ、充養します。腎精が充足していると脳の働きが良くなり、記憶も確かになります。
 腎精が虚する(腎虚)と発育不良か、老化現象が早まることになります。腎の先天の精は父母から受け継いだ生まれながらのものであるため中年以降次第に衰えます。高齢になるほど腎虚は進行します。よって歳をとると足腰が弱り、記憶力も悪くなり、耳も聞こえにくくなるのです。  
 逆にいえば、日ごろから足腰を鍛えることは、腎を強くすることになり、ひいては痴呆・骨粗鬆症・聴力減退といった老化現象にとても有効であるといえます。  
 腎を強くしていつまでも若々しくいるためにも【ウォーキング】しましょう!
華は髪にある。耳に開窮(カイキョウ)する。二陰を主る。唾は腎液である。
 毛髪の生長・脱落や潤沢かどうかは腎と密接な関係があります。『髪は血餘(ケツヨ)たり』といわれ髪の発育の根源は腎精が血に変化し充養されることにあります。  
 は腎の門で、腎が正常ならば聴覚は正常です。  
 二陰とは前陰(尿道と外生殖器)と後陰(肛門)のことです。これらの機能は腎と深い関係があります。  
 腎液のこと。唾液の中でも唾はやや粘稠です。ちなみに涎(脾液)は希薄です。高齢になると唾がでにくくなるのは腎精が弱るからです。
恐れると気が下がり、度が過ぎると気が詰まり、「腎」を損傷する。
 とても恐ろしいことがあると失禁します。これは恐れることで腎精が弱くなり、膀胱の尿液を貯蔵する働きが弱くなるからです。
腎が弱い人は顔色が黒ずんでいる。  
 透析している方の顔色を見たことがありますか?黒くくすんだ色をしています。
鹹味のものは潤しながら下す作用があり、腎の衰弱を助ける。
 腎が弱っているときはしおからい物を少し取るといいのですが、摂りすぎると逆に腎を弱らせるのでほどほどに。腎臓の悪い方は塩分控えめの食事を心がけてください。
冬は腎が弱くなりやすい季節
腎は寒を悪(ニク)む。
 寒いと腎が弱ります。身体を冷やすものを食べ過ぎないようにしましょう。例えば、生野菜・果物などです。逆に身体を温めるものは根菜やねばねばしたものです。

  最後に腎・膀胱の一言集

  • 男の役目・女の役目は腎次第。
  • 骨の弱り・白髪・抜毛・ボケは腎の弱り。
  • 腎の形は耳の形。
  • 健康で長生きの源は腎にあり。  
  • 腎の異常は耳鳴り・難聴をおこす。
  • 腎は志を司り、不足すると気力・根気がなくなり、すぐあきらめます。
  • 両肩こり・腰痛は腎の弱り。
  •  生野菜多く取りすぎていませんか?
     漬物大好きでしょう?
     夜、果物を食べていませんか?・・・
    腎が弱ってしまいます。
    ぬるぬる・黒いものは腎を強くします。・・・ゴマ、なめこ、ひじき、山芋、黒豆等
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://gionasahiph.blog9.fc2.com/tb.php/6-943f48a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。